機械≒人

人も機器もアプリケーションも、けっきょく物理的には限界があり、自分自身をこわさないよう、動きを制限するように、できています。制限をかけていないものは、こちらで思いやりを持って接する必要があります。

独りよがりや、無理な働き方をして、あるいは機器に無理をさせて、個人としても会社としても責任が果たせない仕事ぶりになってしまうたび、こうした理解にたちかえり、公私ともにQOLを意識した健全な未来を目指す働き方改革が大事だと再認識させられます。